えどたんはいかが?

えどたんはいかが?

「超面白いから、絶対ハマるから」とすすめられたものに限って気乗りがしない。そういうことってありませんか?薦めてくる人間の熱意に押されて何だか妙な反発心を感じてしまうんですよね。先日友人が携帯ゲームアプリの「えどたん」を薦めてきました。

「えどたん」って何だ。江戸の単語帳か?と思いましたが、そうではなくて「江戸探偵」の略でした。「逆転裁判」のカプコンから出ているゲームで、システム自体はかなり逆転裁判とかぶります。主人公の未来という少年が2009年の東京から230年前、江戸時代にタイムスリップしてしまい、そこで同心のご先祖様と一緒になって現代人の知識を生かしながら事件を捜査していく、というお話です。探偵ゲームと江戸時代の豆知識が学べるかなり面白いゲームで、最初の反発はどこへやら、私はどっぷりハマってしまいました。

絵がかわいくて、キャラクターが魅力的です。難易度について言えば逆転裁判ほど難しくないので、私のような熟考しないタイプの人間でもなんとか自力で解き明かす事ができます。通勤電車でやるとその日に受けた仕事のストレスを忘れることができますよ。何しろ江戸時代なので、現実から離れてしまえるのですね。価格は600円なのですが、かなりお安く感じられます。物語も5話分入っていて、長さもたっぷり。満足感が高いです。いやぁ、2は出ないのかしら。絶対やりますね、私。カプコンに手紙でも書こうかな。

このゲームをプレイしていてショックだったのが、私が知らない江戸時代の知識を私の周りの人がみんな当然のことして知っていたことです。たとえば「同心」と「岡っ引き」の違いとか。「札差」なんて職業、ご存知ですか?私は知らないことを「えどたん」で知る度に友人に「知ってた?」と聞くのですが、みんな知ってるんですよ。「岡っ引き」は町人で「同心」は武士だとか。奉行所は北町奉行所と南町奉行所があって、一月交代で江戸全体が管轄だったとか。あれ?知らない間に学校で習っていたんでしょうか。授業中寝てたからなぁ。日本史で習ってたとしても私にはわかりません。こんなことならもうちょっと真面目に授業聞いてればよかったな。

楽しみながら江戸の知識も身に着く「えどたん」、通勤通学のお供にいかがでしょうか。

銀座カラー

朝ごはん

私は通常“朝ごはん”を食べる習慣がありません。

小学生の頃から朝起きるのが苦手でした。初めの頃は私の母が朝ごはんを作ってくれていましたが、

家族全員朝ごはんを食べない・・・遅くまで寝ていて食べられない状況になってしまって

結局母も作らなくなってしまいました。

私は小学生の頃から“朝ごはん”を食べなくても特にお腹がすくというわけではなかったので

気にしていませんでした。

しかし最近私が結婚してから“朝ごはん”を食べるようになったのです。

きっかけは“姑”でした。姑は息子の健康を気にして「xxさん、朝ごはんは健康に大切だから

なるべく作ってあげてくださいね」と言われました。

「言われなくてもわかってるわい!」とイチイチ口出ししてくる姑にイラっとしながらも

私は朝ごはんを作るようになりました。

しかし旦那も朝が弱くてなかなか起きてきません。

最初はおにぎりにしてみたり、トーストに玉子焼きとハムとレタスを挟んだり

遅く起きても会社に持っていけるものにしていました。

それがしばらく続いた後、私達は朝ごはんを食べることに慣れたのか

だんだん色んなものが食べたくなって来ました。

そこで作り始めたのが“スープ”です。

朝はやっぱりさっぱりしたスープですよね~。

最近のお気に入りは「トマトスープ」です。玉ねぎをたくさん入れたり少しぴり辛にしたり

豆腐を入れてみたり、かなりヘルシーだけどお腹があったまって

旦那と「どうして俺達は今まで朝ごはんを食べなかったんだろうかね」と

今更ながら後悔しています。

最近の若者とか家族は朝ごはんをきちんと食べているのでしょうか。

私のまわりでは「夜ご飯は食べない」けど「朝と昼はしっかり食べる」という人も結構います。

そう言う人はだんだん痩せてナいスバディになっている気がするので

そろそろ私達も朝や昼ごはんをたくさん食べて夜ご飯は食べないようにしてみようかな

と思っています。

毎日夜ご飯を食べないというのはちょっと寂しいので、1週間に1回とか2回なら

健康に良さそうですよね。

生活習慣のうち1つでも変えて見ると意外と良い方向に変わるものなのかもしれません。

あまり無理しない程度にこれからも朝ごはんを続けて行こうと思います。